医療のデーターベースについて

  • 医療分野で必要?データーベースの重要性

    • データーベースは非常に多くの分野で用いられています。

      膨大なデータを「ビッグデータ」と呼び、それを分析することで問題点やニーズを浮き彫りにできるのです。それは医療分野においても例外ではありません。高齢者の生活習慣をデータ化できれば、認知症とライフスタイルの関係性を探ることが可能になるでしょう。たとえば認知症でない高齢者の生活パターンと認知症の高齢者の生活パターンを比較することによって、大きな違いが発見される可能性があります。


      サンプル数が少なければ発見できない場合でも、数千や数万といったサンプルを分析すれば傾向が見えてくることは少なくありません。

      医療分野でそのようなビックデータを効率的に扱うには、医療用のデーターベースが不可欠なのです。



      この他にも医療分野で、データーベースが活躍する場面は多いです。
      たとえば遺伝子解析では膨大なデータを処理しなければなりません。ウィルスや未知の病気に対する研究でも扱うデータの数は非常に多いです。

      また、これまでの治験によって仮定されている理論を実証するのにもデータを多く使います。



      このようにデータを効率的に分析したり、必要なものを抽出したりするにはIT技術を駆使しなければなりません。



      データーベースに医師がアクセスできるクライアントマシンの整備も重要です。
      またデーターベースをクラウドで管理することによって、多くの病院でデータを共有することも検討していくことになるでしょう。

top