医療のデーターベースについて

  • 医療を発展させるデーターベース

    • 医療とは人の疾病に対して行う治療行為を言い、病院等で医師や看護師により受ける治療全般を言います。



      病院で行われる医療は医師によりデータが取られ、それがデーターベース化され、研究機関や製薬会社等にデーターベースが送られ、今後の医療の発展に大きく寄与します。



      医学において患者に対する治療は臨床の一環であり、個々の症状に対するデーターを取り、それに対する治療の結果がさらにデーターベース化され、医療の発展の一翼を担います。


      西洋医学には、効果と副作用という相反する概念があり、効果は病気を治癒させる主作用、その反面として治療中にやむを得ず出現する副作用があります。

      副作用は時として重篤な症状を現すことがありますが、実は副作用もデーターベース化され、治療に対する副作用の出現を医師が確認し、副作用の出方を確認して副作用のみを抑え、主作用を高める治療を行います。

      副作用はどのような治療にも存在し、出来るだけ副作用が出ないような治療方法を選択しますが、治療を優先するあまりやむを得ず副作用が出現する場合があります。


      癌などの生命に危機を及ぼす病気では副作用の懸念があっても、治療を優先することがあります。

      近年では、癌の化学療法の発展が目覚ましく、とくに進行期の癌患者に対する抗癌剤治療の効果が高くなっています。



      年々増加する癌患者に対する臨床により効果と副作用の情報がデーターベース化されることで、治療不能と言われたステージの癌をも根治可能とする日が来るのを期待して医療データが取られています。


top